木根地区の住民でつくるグループ「きね四季花会」が、平成23年から花で地域を盛り上げようと木根地内にしだれ桃の植栽を始めました。毎年植栽を続け現在(令和3年)までに約2,000本のしだれ桃が花を咲かせています。なかでもMさん宅の敷地の一角は約600本のしだれ桃が植えられ「きねしだれ桃園」と名前を付けられています。紅白やピンクの花を咲かせのどかな山里を鮮やかに彩り、多くの見物客が訪れています。見頃は、4月上旬です。

きねしだれ桃園には、5,6台程度の駐車場はありますが、駐車できない場合は、民宿えがお付近から350mほど歩いていただくこととなります。ご了承ください。