遠山一族の中で三遠山に次いで有力な串原氏の居城。1574(天正2)年の戦いで明智城とともに武田方の攻防目標となり落城した。
大平城は大平と峯の間に位置し標高530m程の城山に築かれている。
主郭は東西に伸びた最高所の東端にあり、この主郭東端から北に下りて行く尾根に堀切がある。
主郭の西下に東西に長く伸びた曲輪があり、そこから西に続く尾根を堀切で遮断する。
北下にも堀切を挟んで曲輪がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換